浴室の水のトラブルの見分け方

浴室の水のトラブルの見分け方 生活をする場面において、浴室は大切な場所の一つです。毎日使用することで、機器の劣化や故障が起きやすくなります。浴室にはシャワーや湯船をはじめ多くの配管や部品が使用されているため、緩みが生じるだけで水のトラブルにつながりかねません。
各種機器の耐用年数はおおむね10年程度となっており、使用頻度や生活環境によって年数が前後します。放置することで生活に支障をきたしかねませんから、故障の見分け方と修理をする際のポイントを紹介します。

■水のトラブルを浴室で発見した際における修理の注意点

浴室で水のトラブルが発生した場合、確認すべきポイントは故障個所です。シャワーのヘッドから排水口、浴槽の蛇口等を可能な範囲で詳しく調べて、原因を見つけます。部品の接続部分から水漏れが発生している場合は、緩みの有無をチェックします。パッキンの劣化が見られる場合は、元栓を締めてから作業をすると二次被害を防ぐことができます。
シャワーヘッドが故障すると、中にあった残留水が染み出てしまいます。シャワーを上向きにして水が止まる場合は、ヘッドが原因です。ホームセンターで部品が揃い工具があれば、自分で修理をすることも可能です。
浴槽については、経年劣化や災害、人による外的な衝撃に伴い、水のトラブルが発生する場合もあります。簡単な部品交換やねじ締め程度は問題がなくても、技術と労力がかかる作業もあります。専門業者に依頼をすると安全に適切な対応をしてもらえます。

■浴室の水のトラブルの原因が蛇口の場合
浴室で使用するタイプの蛇口は、壁面に直接水栓を設置しているタイプのものと、台の上に蛇口が設置してあるタイプの2種類があります。その上でさらにいくつかの種類に分けられますが、側面にハンドルがつけてあり水温調整が可能なサーモスタットタイプと、一つのレバーで対応可能なシングルタイプがあります。築年数の古い賃貸物件ではお湯や水の出るハンドルが独立しているツーハンドルタイプが多くなっており、水かお湯だけしか出ない単水栓も見受けられます。
これらにまつわる水のトラブルは、ハンドルの下部、パイプの根元からの水漏れです。経年劣化に伴い機器の不具合が生じたり、パッキンが破損したりすることが主な原因です。自宅に工具があればホームセンターで機器を揃えた上で修理をすることが可能です。シングルレバータイプはバルブカードリッジの交換が必要ですが、メーカーで取り寄せる方が確実です。各種力まかせにすると配管を傷めることにもなりかねませんから、作業の際は注意しましょう。

■水のトラブルを放置すると被害はお風呂だけでは済まない

浴室は壁面や設備なども水に濡れることを前提に作られており、耐水性は高いものです。しかし、水のトラブルを放置しても良いわけではありません。
いつも水分が溜まっている状態ですから、慢性的にカビや害虫が発生しやすくなります。衛生的にも良くない上、大掛かりな工事が必要な事態へと発展しかねません。特に賃貸物件の場合は、床下に濡れた水はどんどん下に流れていく仕組みです。階下の住人に被害を及ぼすと住民間トラブルになる恐れもあります。
浴室であることを甘く見ないで、定期的な清掃をすることにより衛生的に保つことができ、害虫対策にもつながります。簡単な蛇口や部品の交換は自分でできますが、難しい場合は専門業者に依頼する方法もあります。

■まとめ
浴室は毎日使用する箇所ですが、使い続けることで機器や接続部分の劣化が起こります。機器や部品の仕組みを理解して自分で修理をすることも可能ですが、複雑な工事が必要な場合はトラブルを防ぐために専門業者に依頼をしてください。特に機器が古いものや性能が低いものは、交換頻度が多くなりがちです。たとえ費用が高額になっても、高性能な機器に買い換えることも検討すると、長い目で見ればお得になるでしょう。
浴室は耐水性が高い構造ですが、衛生面の管理をしておかないと水のトラブル以外の問題も発生しますから注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース